小学生(低学年)におすすめ! 軽量でおしゃれな20インチの自転車

小学生(低学年)におすすめ! 軽量でおしゃれな20インチの自転車

小学1年生の娘用の自転車を探していて、ついに購入しました!ロードバイクでも有名なBianchi(ビアンキ)の 2018年モデル PIRATA 20INCH (ピラタ20インチ)。

購入の決め手になったのは、軽量&おしゃれな点です。おすすめポイントと懸念点を含めて紹介します。

決めた理由

ビアンキのピラタ20に決めた理由は3つあります。

その1:軽量

今回、小学生の子供用の自転車を探すにあたり、重視していたポイントは自転車の重量です。

5歳〜6歳の時に買った16インチの自転車は重量が13kgと重く、漕ぎ出しの時に大変そうでした。漕ぎ出しの時にスピードが出ないまま一瞬両足が浮く瞬間があるのですが車体が重いとその時にバランスが取りにくいんですね。

それもそのはず、体重20キロ弱の子供が13キロとかの自転車を扱う訳ですからかなり重く感じますよね。一応、16インチの自転車も普通に乗れるようになったのですが軽いに越した事はないので軽量のピラタ20に決めました。

ちなみにピラタ20の重量は公表されておりません。今回ショップに問い合わせしたところ、ペダルとスタンド付いた状態で9.8kgでした。

その2:おしゃれ

 

そう、なによりおしゃれですよね。私自身ロードバイクが趣味なのですがビアンキのキレイなグリーンカラー(チェレステカラーと呼ばれています)はとても好きです。

ピラタ20はチェレステカラーの差し色にピンクが入っていて、女の子用の自転車としてかなりおしゃれだと思います。ピラタ20のピンクを見つけた瞬間にこれがいいなと思いました。

その3:子供が気に入った

私が気に入ったので子供に画像を見せてあげたらとても気に入った様子。さすが私の娘ですね。他の自転車も2〜3台見せてみたのですがピラタ20が1番気に入ったようだったのでこちらに決めました。

小学生のサイズ目安

小学生のサイズ目安についてまとめました。

自転車サイズ 適応身長 適応年齢
12インチ 80-105cm 2-4歳
14インチ 80-105cm 2-4歳
16インチ 90-110cm 3-5歳
18インチ 100-120cm 4-8歳
20インチ 120-135cm 5-9歳
22インチ 125-140cm 6-10歳
24インチ 130-145cm 7-11歳
26インチ 135-160cm 8歳以上

小学1年生の娘は現在7歳で120cm程度なので20インチが丁度よいサイズと判断しました。次に買うのは出来れば小学校高学年の時に26インチを買いたい感じですが24インチも買ってそうな予感もします・・・。

懸念点

良い点もあらば当然懸念点もあります。主な懸念点を3つあげておきます。

サドルが少し固め

これが1番の懸念点かもしれません。スポーツバイクに近いのでサドル(座る部分)が小さめで少し固めです。長時間乗ることを想定すると慣れるまではお尻が痛くなる可能性があると思います。

私の想定では小学生の低学年まで乗る予定ですが1人であまり遠出する事は無い(せいぜい隣駅くらいまでの片道15~20分程度)と思い問題ないと判断しました。それよりも車体が軽量という恩恵のほうが大きいと思ってます。

泥除けが無い

スポーツバイク系は泥除けが無いものも多いです。ピラタ20も泥除けはありません。泥除けが無いとどうなるかというと水たまりの中を走ってしまうと、タイヤから水をまき上げて背中に水がついてしまいます。ロードバイクやクロスバイクと一緒ですね。

私と娘は基本的に雨の日は乗らない予定なのでこちらは問題無しとしました。

オプションが別売

オプションが別売なので想定より若干お金がかかる点です。次の項目で説明しますがヘルメット、スタンド、ベル、鍵など揃えるべきオプション類はそれなりにあります。

一緒に買うべきグッズ

ピラタ20を買ったら一緒に買うべきグッズ類を紹介します。私の場合、スタンドとベルをピラタ20と一緒に購入して取付もお願いしてしまいました。

ヘルメット

安全第一!ヘルメットは確実に用意しましょう。転んで怪我をしてからでは遅いです。

 

スタンド

ピラタ20はスタンドが付いていません。つまり本体だけ購入した場合は自転車をたてて置くことが出来壁などに立て掛けていないと倒れてしまう状態となっています。車体購入時にスタンドも合わせて購入して付けてもらいましょう。

 

こちらも必須アイテムだと思います。ちょっとお出かけしたりする時にコンビニや休憩の際には鍵が必要になります。本体と同じチェレステカラーの鍵もあります。

 

ベル

ベルは必須アイテムです。小さめでおしゃれなものも多く販売されてます。ビアンキの純正品もあります。

 

ライト

日中だけ乗るという方にもライトは必要です。トンネルの中を移動するケースもあるかもしれません。

ほとんど日中しか乗らないという方でも安全のために取り付けておきましょう。

 

テールライト

こちらはロードバイクに乗っている私的におすすめなアイテムです。後ろからの車とかが非常に怖いですよね。テールライトを付けていると車に対しても存在のアピールになるので事故の確率が軽減されうと思います。

空気入れ

ピラタ20は一般的なシティサイクル(ママチャリ)と同じ空気入れで大丈夫です。もしなければ購入しておきましょう。

室内保管がおすすめ

保管場所についてですが、断然室内がおすすめです。

何より子供用自転車としても一般的な自転車よりも高級なものになるので大切に扱いたいですよね。外に出しておくと雨風にもやられて細部が錆びてきて自転車寿命も短くなってしまいます。

せっかく良いものを購入するならば良い状態で長く乗りたいと思うはずです。室内がベストですがベランダなどの室外に置く場合は雨風にさらされないように、カバー的なものを掛けるようにしましょう。

どこで買えるの?

私はビアンキの直営店で購入しようと思って表参道店に行ったのですが欲しいカラーの在庫が無いという点と配送サービスもしていないという事でネットで探して購入しました。

購入出来る場所としてはビアンキの直営店・ロードバイクを扱っている自転車専門店(ワイズロードやサイクルベースあさひなど)・ネット通販のショップ(私は自転車館びーくるで購入しました)などで購入出来ると思います。

「自転車館びーくる」は山口県にある自転車ショップです。リアルの店舗も運営されているので安心感があります。楽天・Yahooショッピングにも出店されているので購入もしやすいですね。

今回、ピラタ20の重量について問い合わせをさせて頂たいのですが、完成車の状態で重量を計測してくださり丁寧な返信を頂きました。ご対応してくださったスタッフの方にはとても感謝しています。

こういう対応をしてくださるショップはとても応援したいので皆さん購入するショップに迷ったら「自転車館びーくる」で!

ピラタ20について

最後にピラタ20の詳細についてです。パーツごとで見てもあまり良くわかりませんね。お伝えしたいのは、軽量・おしゃれ・外装7段切り換えというところです。

公式サイトでピラタ20の詳細を見る >>

良い点と懸念点をしっかり把握して購入後に悔いの残らない買い物にしましょう。ちなみに私がオーダーしたショップは発注後5日後の出荷となりました。届くのが楽しみです。