簡単でおすすめ!美味しい抹茶のシフォンケーキのレシピ。米粉mixも♪

簡単でおすすめ!美味しい抹茶のシフォンケーキのレシピ。米粉mixも♪

20cm型の抹茶のシフォンケーキを作りました。簡単でとっても美味しいのでおすすめです。抹茶の代わりにほうじ茶の粉を入れてもおいしいです。

やや甘さ控え目レシピです。甘めが好きな方はグラニュー糖45gの部分を50~60gに増やすと良いでしょう。

材料

  • ケーキの型(100均のセリアで購入してます)
  • グラニュー糖 または 砂糖…45g
  • グラニュー糖 または 砂糖…45g (※卵白に加える用)
  • 塩…少々(つまむ程度)
  • 抹茶…大さじ2
  • オリーブオイル または サラダ油…100cc
  • 水…90cc
  • 小麦粉…120g
  • 卵黄…6個分
  • 卵白…6個分

★小麦粉の代わりに、米粉を使うとパウンドケーキに近いようなもっちりとした感じになります。小麦粉60gと米粉60gのミックスにして合計120gにした感じも好きです。

色々ためした結果、小麦粉100gと米粉20gのミックスがふわふわ感もありいい感じかと思ってます。

まずは分量を量ります

必要な材料の分量を最初に量ってしまいましょう。あらかじめ量っておくと、あとは入れたり混ぜたりしていくだけなのでとても楽です。

卵6個分を卵黄と卵白に分けましょう。

【1】卵黄を泡立てます

卵黄と卵白に分けたうちの卵黄を泡立てます。私はミキサーをつかいましたが泡だて器でシャカシャカやっても大丈夫です。

ミキサーがあると一瞬で泡立ても終わるので楽ですね。私はIZUMIの泡だて器を使っています。出し入れも簡単でなんといっても買いやすい価格なのでおすすめです。

 

卵黄が泡立ってきたら、グラニュー糖(45g)・抹茶(大さじ2)・塩少々を入れて混ぜていきます。

抹茶を投入すると一気に抹茶カラーになりますね。

ここに、オリーブオイル(100cc)と水(90cc)も追加してさらに混ぜていきます。

【2】オーブンを予熱!

ここでオーブンを予熱していきます。ここで予熱をスタートする事により、ベースが出来上がった時にすぐに焼けますので効率が良いです。オーブンを170度に設定して予熱スタートしましょう。

【3】卵白を泡立てます

次に卵白を泡立てます。卵黄よりも早くすぐにふわっふわになる卵白!ミキサーで泡立てるのも楽しいです♪

メレンゲが出来るまで泡立てましょう。ツンとツノが出来るくらいのイメージです。

メレンゲが出来たらグラニュー糖(45g)を卵白へ混ぜます。

【4】小麦粉をふるいます

卵黄を泡立てて抹茶を入れたもの(工程【1】でつくったやつ)に小麦粉をふるってしっかり混ぜていきます。粉ふるいのようなものがあればそれを使って入れていくとダマにもなりにくく良いでしょう。

【5】すべてを混ぜる

小麦粉が混ざったら、工程【3】で作った卵白を泡立てたメレンゲを混ぜていきます。量も多いので2回に分けて馴染ませながら混ぜるのがポイントです。卵白を泡立てたメレンゲを出来るだけつぶさないようにやさしく混ぜてあげると焼き上がりもふわっとします。

混ぜていくとこのような抹茶カラーのシフォンケーキの素が出来上がります。とても美味しそうな感じはしますが焼きあがらないとあまり美味しくないので焦らず焼き上がりまで我慢しましょう。

【6】シフォンケーキの型に流し込み

すべてを混ぜたものをシフォンケーキの型に流し込んでいきます。

こぼさないように注意しながら型に流し込んでいきます。

出来てきました、オーブンに入れる寸前の抹茶シフォンケーキの素です。

こちらがセリア(100均)で買ったシフォンケーキの型。安いのにしっかりしていて使い切りで気が楽なので毎回購入しています。ホールのまま友人宅へ持っていく事も出来ますしね。

【7】オーブンへセット

予熱を終えたオーブンへセットします。170度にして40分焼いてください。

【8】出来上がり

美味しそうな抹茶シフォンケーキが焼き上がりました。この膨らんでいる状態を見るとテンションあがりますね。

オーブンから出してみるとこんな感じです。

生地が割れてキレイな抹茶カラーが見えていますね。

最後のひと手間

最後にペットボトルへ逆さに置いて冷まします。

このように逆さにする事により重力でつぶれる事なく、中もよりふわっとしたシフォンケーキが楽しめます。冷えるまで小一時間待ちましょう。

簡単に作れる美味しい抹茶シフォンケーキでした。焼いている時間を除けば30分もかからずに出来ると思います。家庭で美味しい抹茶シフォンケーキ作りにチャレンジしてみてください。

 

米粉をお探しの方はこちら

 

抹茶の粉をお探しの方はこちら