ロードバイクスタンド MINOURA【バイクタワー20D】、レビュー

ロードバイクスタンド MINOURA【バイクタワー20D】、レビュー

私が現在使用していて満足度も超高いバイクタワー10の後継品!より安全性を増してリニューアルしています。
設置時の省スペースさ、抜群の安定感、カッコよさなど魅力たっぷりのスタンドです。

それでは紹介していきます。

 

バイクタワー20Dの特長

スタンドの脚部に無駄なスペースを取る必要無し!

脚部が三脚のように広がったりしないので無駄なスペースがほぼありません。 無駄なスペースを取らず2台設置も出来てしまう優れもの。日本のメーカー製の安心感があるのでオススメです。賃貸住宅でも使えるのも嬉しいですね。

バイクタワー20Dの良い点

上下に2台設置可能。
がっちり固定されて安心感がある。
足下のスペースを有効活用できる。
バイク載せるアームの角度調整も簡単。
アームのフック部もゴム巻きで傷防止。
値段と品質のバランスが良い。

バイクタワー20Dの微妙な点

長期固定したら天井に黒っぽい跡が付く事がある。
天井の強度を気にしなければならない。
正確に垂直に設置するのが難しい。
設置する時、2人で行うのを推奨

バイクタワー20Dの素材・サイズ

原産国:日本
製品仕様
カラー シルバー
材質 アルミ・鉄・樹脂
製品重量 5.0 kg
支柱高さ 2,100mm~2,700mm(無段階調整)
支柱直径 45mm(上)/40mm(下)
フックまわり
寸法
支柱表面-フック中心距離:100mm
左右フック間隔:325mm~415mm
フック最大対応径:60mmまで
バネの押し付け力 約5kg

耐荷重制限
クレードル1ヶあたり25kgまで
保証期間 1年

バイクタワー20Dの総合評価・まとめ

前作のバイクタワー10の一部ロットで問題になったポールが縮んで転倒してしまうことを予防するために、バイクタワー20Dでは、ジョイント部のボルト固定に加え専用ストッパー金具での固定による二重ロック構造を導入しています。

それにより設置後、ポールが縮んで転倒するリスクを限りなくゼロに近づけたロードバイクスタンドになっています。

1本のポールで成り立っているので、三脚式のように脚部のスペースも気にする事なく設置できます。うーん、ナイス省スペース!

床と天井を突っ張る感じで設置するので賃貸でも使えます。但し、天井に黒いあとがついてしまう可能性があるので天井にあとがつかないように設置時に一工夫するとよりよいでしょう。

ロードバイク1台で上部フックにホイールやリュック、ヘルメットなどをかけて使う事もできます。ロードバイクを室内でカッコよく飾りつつスペースも有効活用したい方におすすめのスタンドです。