ロードバイクスタンド、おすすめ7選!【2018年8月更新】

ロードバイクスタンド、おすすめ7選!【2018年8月更新】

ロードバイクやクロスバイクを購入したら必ず買うであろうスタンド。 定番のスタンド・2台設置できるスタンド・メンテナンスに特化したスタンドなど様々なスタンドがあります。

今回はロードバイクスタンドの中でも定番的なスタンドをまとめました。私個人は家ではバイクタワーを使っていて、大会に出場する時の仮置き用にはMINOURA(ミノウラ) [DS-30BLT]を使っています。

 

ド定番の折りたたみスタンド。

まさにド定番のロードバイクスタンド MINOURA(ミノウラ) [DS-30BLT]。もっとも一般的でほとんどのロード乗りが持っていると思われます。 安価で大会へ出る時や室内でも重宝しますので1個は持っておいた方が良いでしょう。若干はめにくいのが残念なところ。

載せるだけ、の簡単スタンド。

載せるのがとっても楽ちんなロードバイクスタンド IBERA EASY UTILITY STAND チェーンステー掛け [IB-ST2]。スタンドに載せたり外したりする事が多い人にはおすすめしたいスタンドです。また、力も入れずに設置できるので女性にも優しい仕様です。クイックリリースにはめ込むタイプを使っていて、うーん・・・と思っている方、これを使ってみてください。

立てるだけ、に特化したスタンド。

ロードバイクを「立てるだけ」に特化しているスタンド。GIZA(ギザ) [YC-109]。重量感もあり安定しています。後輪をスタンドのフォーク部分へ載せるだけの簡単セッティング。毎日のように乗っている方はクイックシューに挟むタイプよりこちらの方が良いでしょう。

折りたためるスタンド。

折りたたむ事ができるDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) のスタンド [DDS169-BK]。使わないときや移動時に「折りたためる」のが便利です。 ロードバイクで通勤していて勤務先のスタンドとして使う用途などに向いています。後輪が地面に接するのでメンテナンスには向いてません。あくまで「折りたためるスタンド」です。

安定感抜群、壁もたれ式スタンド。

ロードバイクを上下2段に設置できる壁もたれ式上下二段型のスタンド。 購入者の評価も非常に高いです。設置時の場所のとらなさ、抜群の安定感、インテリア性など魅力たっぷりのスタンドです。

脚元すっきり、つっぱり棒タイプ。

日本の狭い住宅事情にもマッチしている逸品。一番のポイントは脚部のスペースの取らなさではないでしょうか。脚部が三脚のように広がったりしないので無駄なスペースがほぼありません。 無駄なスペースを取らず2台設置出来て、日本製の安心感があるのでオススメです。

メンテナンスに特化したワークスタンド。

メンテナンス・整備に特化したスタンド。ワークスタンドの中では価格も手頃で手の出しやすい一台です。設置できるスペースがあればメンテナンス用におすすめです。アルミではなくスチール製なのでそれなりに重量はあります。良く捉えると安定感があって良いです。メンテナンスを頻繁に行う人には仕様・価格ともにベストなワークスタンドです。

まとめ

ロードバイクのスタンドは多種多様です。使用目的や設置場所に応じて選ぶのが良いと思います。家の中でのスペースが限られていて床に置くと邪魔になってしまう場合には部屋に浮かせて飾るためのスタンド。エンデューロなどの大会へ参加する際、自分が走っていない時にロードバイクを置いておくのに役に立つ簡易の折りたたみスタンド。ロードバイクが2台に増えてしまい置き場所に困ったときには上下2段にまとめて設置できるタイプなどもあります。

自分にあったスタンドを見つけて愛車を美しく飾れる環境を作ってみてください。愛車を眺めながらの晩酌も美味しいですよ!

この記事が参考になった、有益だったと思って頂けたらぜひSNSシェアをお願いします♪