320g以下!人気の軽量輪行袋、おすすめベスト3!【2018年8月更新】

320g以下!人気の軽量輪行袋、おすすめベスト3!【2018年8月更新】

輪行袋(輪行バッグ)としてはほぼ最軽量のものを3つほどピックアップして比較してみます。軽量の定義についてですが、320g以下としています。

ロードバイク乗りたるもの、少しでも軽くていいものを探している人も多いと思います。ちなみに紹介する3つの輪行袋はレビュー評価も高いおすすめ商品ですので、どれを購入しても満足感は高いかと思います。

それでは早速紹介していきます。

おすすめ1位 SL-100(オーストリッチ)

輪行袋界で1番売れてるであろうL-100を出しているオーストリッチの最軽量輪行袋であるSL-100。重量なんと200gと軽量で、たたむとサドルバッグにも収まってしまうコンパクトさ。オーストリッチというメーカー信頼度と軽量かつコンパクトさをあわせて、軽量輪行袋のおすすめ1位です。

縦置きタイプなのでエンド金具が必要となります。リア用フロント用の両方も合わせて用意しましょう。

※折りたたみした状態

 

モデル名 SL-100
メーカー名 オーストリッチ(OSTRICH)
重さ 200g
サイズ W110cm × D95cm × H25cm
材質 レオナWリップ66ナイロン
付属品 ショルダーベルト、中締ベルト
収納タイプ 縦型収納タイプ
エンド金具 別途購入の必要あり

 

おすすめ2位 コンパクトリンコウバッグ(モンベル)

横置きの輪行袋なのにこのコンパクトさと297gと軽量です。慣れると5分で準備出来ちゃうほどの簡単さで初心者にもおすすめです。

横置きタイプなのでエンド金具無しでも運用可能です。エンド金具はあったほうが安心感もあり良いと思いますが軽めの輪行やロングライドする時の「何かあった時」の為にリュックに入れて置く時などは輪行袋のみ入れておけば用が足りるので便利です。

考慮しとくべき注意点としては生地が薄い・肩紐が細い・横置きなので電車内で縦置きよりも場所をとってしまうという点です。

 

※畳んでいる状態

 

※付属の紐(ショルダーベルト、中締めベルト×3)

 

モデル名 コンパクトリンコウバッグ
メーカー名 モンベル(mont-bell)
重さ 297g
サイズ W100cm × D140cm
材質 40デニール・ナイロン・タフタ[アクリル・コーティング]
付属品 ショルダーベルト、中締ベルト×3本
収納タイプ 横型収納タイプ
エンド金具 別途購入を推奨(無くても使用可能)

 

おすすめ3位 コンパクト輪行キャリングバッグ(ドッペルギャンガー )

お値段なんと2,480円(※記事執筆時2018/3/4現在)と3000円を切る圧倒的プライスメリット。この価格で輪行袋が買えるのがすごいですね。重量も320gと軽量です。輪行袋が必要になったけどあまり予算もかけたく無い・輪行もそこまでする予定は無さそうという方にはぴったりです。

一点、付属している固定ベルトが細くてちょっと心もとないです。固定ベルトは100均で売ってるものなどで工夫出来るので付属のものが気に入らなかった場合、別で用意するといいでしょう。

SL-100と同じく縦置きタイプの輪行袋ですのでリア用フロント用のエンド金具を用意しましょう。

 

※付属品(フレーム固定ベルト×3、ショルダーベルト、輪行袋)

 

※ボトルケージにも収納できるコンパクトさ

 

モデル名 コンパクト輪行キャリングバッグ(DCB328-BK)
メーカー名 ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)
重さ 320g
サイズ W115cm × D95cm × H19cm
材質 ポリエステル(裏地 ポリウレタンコーティング)
付属品 フレーム固定ベルト×3、ショルダーベルト、輪行袋
収納タイプ 縦型収納タイプ
エンド金具 別途購入の必要あり

 

まとめ

軽量かつ人気の高い3つの輪行袋を比較してみました。どれを買っても外れは無いと思います。一長一短ありますので自分のスタイルに合ったものをお選びください。

私はそのうちおすすめ2位とさせて頂いた、コンパクトリンコウバッグを買おうと思ってます。