GIZA(ギザ) ロードバイクスタンド [YC-109]のレビュー

GIZA(ギザ) ロードバイクスタンド [YC-109]のレビュー

ロードバイクを「立てるだけ」に特化しているスタンド。重量感もあり安定しています。

後輪をスタンドのフォーク部分へ載せるだけの簡単セッティング。毎日のように乗っている方はクイックシューに挟むタイプよりこちらの方が良いでしょう。

それでは紹介していきます。

 

YC-109の良い点

立てるだけの使用目的であれば邪魔にならずにスマートに自転車を立てる事ができます。
スタンドの重量が約2kgとある程度の重さがあるので安定感も抜群です。
ロードバイクと接地する部分にはゴムがはめてあります。バイクに傷がつきにくい配慮がされているのも嬉しい点です。
台部分の裏面4箇所にゴム足が付いています。床への傷対策もされてるので安心です。

YC-109の微妙な点

タイヤがスタンド部に触れていて、車輪を持ち上げている訳ではないのでメンテナンス用途には完全に不向きです。 メンテンス用には別途スタンドを用意しましょう。
ディスクブレーキのロードバイクには使用できません。

YC-109の素材やサイズ

サイズ L285×W193×H380mm
重量 2.2kg
対応サイズ 20~28インチ
※ディスクブレーキ仕様車には使用できません。

YC-109の総合評価・まとめ

引っ掛けるだけで安定感抜群に置いておけるスタンドです。
毎日の通勤や通学にロードバイクを使っている人におすすめです。

サッと置くだけなのでスタンドへの設置ストレスが大幅に軽減する事でしょう。
今までよりも乗る機会が少し増えるかもしれませんね!

カラーは「スモーク」「ホワイト」「ブラック」の3色展開です。
ロードバイクのカラーやお部屋に合わせて選んでみてはいかがでしょう。

この記事が参考になった、有益だったと思って頂けたらぜひSNSシェアをお願いします♪