宮古島の吉野海岸でシュノーケリング!最高に楽しい3時間っ!

宮古島の吉野海岸でシュノーケリング!最高に楽しい3時間っ!

宮古島旅行の二日目に行った吉野海岸。人生の中でもトップレベルに楽しく良い思い出になりましたので番外編的に吉野海岸だけの記事を書いちゃいます!次に宮古島へ行ったら半日以上はいたいなあと思うビーチでした!

吉野海岸とは?

吉野海岸とは宮古島でシュノーケリングをするのにおすすめなビーチです。なぜおすすめかと言うと浅瀬にサンゴ礁がありその周りにカラフルな魚がいるので、砂浜から3m程度海へ行っただけでもかなりの魚を見る事が出来ちゃいます。

浅瀬なので小学生くらいの子供ならシュノーケリングを十分に楽しむ事が出来るスポットになっています。今回の旅行では与那覇前浜ビーチと吉野海岸の2か所でシュノーケリングしましたが、与那覇前浜ビーチはほぼ白っぽい魚しか見えなかったのですが吉野海岸ではブルー、イエロー、レインボーなど色とりどりの魚が見れたのとニモ(カクレクマノミ)も触れるくらいの近距離で見る事ができました!

場所は宮古島の東のほうです。中心部の平良地区からは車で40分程度、東急リゾートホテルからは50分くらいで着く感じの距離感かと思います。(私は東急リゾートホテルから吉野海岸へ向かいました)

 

吉野海岸の駐車場は?

駐車場はあります。有料で500円となります。20台くらいは停める事が出来たかと思います。駐車場からビーチまでかなり急な下り坂になっているのですがそこまで車で送ってくれます。シャワーやトイレのある駐車場へ戻りたい時は電話で連絡をして迎えに来てもらう形になります。

※吉野海岸の目の前にも3~4台停める事が出来る駐車場はあるのですがビーチまでの道が本当に狭く急になっていて地元の人が停めるような駐車場になっている感じです。シャワー・トレイ・送迎・駐車場代で500円と考えると全然高くないと思いますので500円払って駐車場に停めましょう。

左から駐車スペース、シャワー、更衣室、レンタルスペースとなっています。

吉野海岸のシャワー&トレイは?

シャワーはあります。が、海の家のシャワー的な感じです。

この建物の左右がシャワーになっています。シャワーがあるだけでシャンプーやボディーソープなどもありません。ただ水が出るだけです。海の塩水を洗い流せるだけありがい…みたいな気持ちで行くと良いでしょう。

吉野海岸のレンタルは?

レンタルは充実していると思います。必要なものはほぼすべて借りる事が出来ます。

ライフジャケット・シュノーケル・ブーツ(マリンシューズ)・フィンが各500円、ウェットスーツ・パラソル(テーブル&椅子4脚セット)が各1000円です。

パラソルのレンタルは絶対にしたほうが良いです!ビーチへ行くと日陰になるところはありませんので完全に直射日光との戦いになります。パラソルの他にテーブルと椅子4脚もセットになっているのでシュノーケリングしたらパラソルに戻って落ちついて休憩する事が出来ます。荷物もテーブルに置けますしね!

私は子供用のライフジャケットとマリンシューズ(各500円)とパラソルのセット(1000円)の合計2000円をレンタルしました。

こちらが吉野海岸のビーチのレンタルパラソルセットです。机もあるのでタオルや荷物を置いて置けるのがgood!

(ちょっと砂まみれで見にくいですが…)こちらがブーツ(マリンシューズ)です。ぴったりフィットするので貝殻やサンゴのかけらが靴の中に入ることなく良い感じそうでした。

ちなみに私はこちら↓

潮干狩りやプールに行くときに愛用しているシューズなのですが、足を抜くとこの通り。細かい貝殻や砂が入ってきて結構痛かったです。クロックスも同じような結果になると思うのでマリンシューズを買って持ち込むか500円でレンタルすると快適にシュノーケリングが楽しめるでしょう。

こちらは子供用のライフジャケット。

浮き輪も持参しましたが万が一何かあった時を考えて借りました。けっこうしっかりしている作りで海に入っても浮いていたので役目は十分に果たしていました。

着替えを終えてビーチへ持ち込む荷物を整理し、借りるべきレンタルも借り終えたのでスタッフの方の車でビーチへ連れて行ってもらいます。

いざビーチへ

車で1~2分くらい坂道を下っていくと吉野海岸のビーチに到着です

浅瀬が続いているので子供も安全にシュノーケリングが楽しめるビーチです。

 

 

トイレや駐車場へ戻りたくなった時は携帯に連絡

トイレに行きたくなったり駐車場へ戻りたくなったり帰りたくなった時は、スタッフの方に電話をします。駐車場に入った時に連絡先を教えてもらえるのでそのメモと携帯電話を忘れずにビーチへ持っていきましょう。

吉野海岸を十二分に楽しむための持ち物

吉野海岸でのシュノーケリングを十二分に楽しむためのリストをまとめてみました。

バスタオル(人数分)

人数分のバスタオル(またはタオル)は用意しましょう。それなりに大きさがあって薄く軽いものが良いかと思います。ビーチで一休みする時に使ったり、終わった後にシャワーを浴びて身体を拭く時に使います。

私は100均で4枚買っおいて宮古島へ持ち込みました。最終日には荷物軽減の為、捨ててしまいました。

シュノーケル(人数分)

シュノーケルは事前に用意するのがおすすめです!直接口をつけるものなので私はレンタルはちょっと抵抗がありました。せっかく高いお金を払って宮古島へ行きシュノーケリングをするなら出来るだけ良い環境で楽しみたいですよね!

amazonで探したのですがレビューも良く値段も安価なこちらを大人二人分という事で二つ購入!結果なんの問題もなく快適に使えて大満足です。

 

小型の子供用のシュノーケルも事前に用意しました。

7歳の小学生用に子供用のシュノーケルを買いました。子供はお風呂で練習していたので本番もばったりです!カラーも9色くらいあり、男の子も女の子も好きなカラーを選べると思います。

 

マリンシューズ

これは買っておけばよかったかなと思いました。今回は妻の分として1人分のみレンタルしてみたところ、ぴったりフィットするのでシューズの横からも砂が入りにくくなっていてかなり良い感じです。カラーもたくさんあり価格も安価です。潮干狩りも毎年いっているので1足ずつ持っていてもいいかなと思ってます。

 

浮き輪

ビーチで遊ぶ用にあるといいですね。普通の浮き輪と幼児用の足入れ式のふたつを持っていきました。

調べてみると屋根付きなんてモデルもあるのですね。海に入ると日差しが結構暑いので幼児には屋根付きという選択肢も良いかもしれません。

 

砂遊びセット

小学生以下の小さい子供がいる場合は砂遊びセットとかがあるとより楽しめるかと思います。

 

防水カメラ

私はiPhone7をスマホケースに入れて使ってましたが煩わしくなったので途中から裸にしちゃいました。(海水なので防水ケータイでもあまりおすすめはしません)防水じゃないスマホや海水に不安があるけど海の中でも写真を撮りたい!という人は防水カメラを用意しましょう。

防水のデジカメは1万~2万程度でそれなりに良いものが購入できます。または写ルンですの防水タイプもありますのでそちらを買って使うという手もあります。

スマホ

帰りたい時にスタッフへ迎えにきてもらう電話をするのに必須です。写真を撮ったりするのにも大活躍すると思うのでスマホは持っていくと良いでしょう。

スマホ収納ケース

スマホの防水ケースに入れているとスマホを持ちながらシュノーケリングする事が出来ます。海の中も撮影出来るし人も撮ったり出来るので持っているといいですね。砂で汚れたりもしないのでスマホも安心です。

軽食&お菓子

吉野海岸には何もありません。そう、きれいなビーチだけです。軽食や子供のお菓子など持っておくと重宝するでしょう。子供用のお菓子(ラムネやボーロ)だけは持っていきましたが大人も食べれるようなお菓子もあったら良かったなと思いました。

次に行く時には菓子パンなどの軽食と軽いお菓子を持って行こうと思います。

飲み物

飲み物は必須です。駐車場のシャワー横にも自動販売機があるのでそこでも買う事が出来ます。想定している量よりも少し多めに持っていくとビーチに長居しても飲み物不足にならないでしょう。お茶・水の他にスポーツドリンクも1本あるといいと思います。

ティッシュ&ウェットティッシュ

以外と忘れがちですがこちらは絶対に持って行ったほうがいいです。鼻をかみたくなった時にも重宝します。ビーチにはトイレも無いのでティッシュやウェットティッシュは持ち込んで置いたほうが良いです。

ラッシュパーカー

海へ行く時もプールへ行く時も超愛用しているラッシュパーカー!フードをかぶってしまえば首も日焼けから守れるのが最高です。肌があまり強くなくすぐ日焼けで痛くなるので首もとや腕を守れるラッシュパーカーは個人的にとても良いアイテムです。

日焼け止め

日焼けをあまりしたくない人や肌が強くないひとは事前に塗っておくか現地で塗りましょう。沖縄は日光の質が違う感じがします。なんかより紫外線が届く感じ?がするような気が…。

防水ドライバッグ

濡れたものを入れておいて外にシミてこない防水ドライバッグ。ビーチへ行く時にはバスタオルやカメラなどを入れて置くと濡れや汚れからガード出来ます。泳ぎ終わっま後は濡れた水着やタオルをいれておくと濡れたものだけを分けておけるので便利に使えます。

ランチはどうするの?

ランチは持ち込んでしまうか少し離れたとこで食べるの2択になると思います。吉野海岸では食べ物は買えません。近くにもないような気がします。

車で20分程度いくとお店があるのでそこで食べるか吉野海岸へ行く前にコンビニなどで買い込んでからビーチへ行くことになるかと思います。

隣にある新城海岸もおすすめ

吉野海岸のちょっと上にある新城海岸(あらぐすくかいがん)もシュノーケリングスポットとして良いみたいです。私はスケジュールの関係で吉野海岸のみになってしまいましたが今度宮古島へ来たら新城海岸にも行ってみたいと思っています。

新城海岸は吉野海岸ほど魚は見れないようですが吉野海岸より人も少なく波も穏やかめのようです。よりゆったりと過ごせる感じのようですね。私が吉野海岸へ行った時は全然混んでなかったのでラッキーだったのかもしれません。

日程に余裕のある人は吉野海岸と新城海岸の両方に行ってみて欲しいですね!

 

宮古島へ旅行に行ったらぜひ行ってもらいたい吉野海岸を詳しく紹介してみました!この記事にたどりついた方、少しでも参考になれば幸いです。楽しい旅行と楽しいシュノーケリングが出来ますように♪