【比較】光エステとシルクエキスパートで迷い、光エステに決めた理由

家庭用の光脱毛機を調べまくりYouTube、ブログ、レビューなども読み漁った結果、パナソニックの光エステに決めました!

本記事では、光エステとシルクエキスパートの違い、私が光エステを選んだ理由、用途を紹介していきます。

目次

家庭用の光脱毛器では”脱毛出来ない”話

まず大前提として理解しておく必要があるのが、家庭用の光脱毛器では脱毛が出来ないという話。

家庭用脱毛器はあくまで毛を生えにくくしたり、毛を剃るスパンを長くするという除毛効果を目的とした商品です。

ということで家庭用脱毛器では脱毛できません。

完全脱毛したい人はクリニックでの医療レーザーなどを利用しましょう。

サロン脱毛ではなく医療脱毛でおすすめなのが、湘南美容クリニックが評判がいいです。

高出力で照射するのと、医療従事者が施術してくれるので万が一何かあっても安心というのは良い点です。

光エステとシルクエキスパートで迷い、光エステに決めた理由

光エステに決めた理由はこちら

  • 光のパワーを自分で調整出来る
  • ヒゲや顔にも使える
  • 照射範囲を変えるパーツが3つ付属
  • パナソニックという安心感

という4つが決め手になり、パナソニック製の光エステに決めました。

光のパワーを自分で調整出来る

光のパワー(出力レベル)は当てる光の強さのことです。これが強いほど効果があります。

ブラウン製のシルクエキスパートは肌の色に合わせて自動で調整してくれるという便利機能。

…なんですが、私の場合は自分で強度を調整したかったのと、子供に使う場合にちょっと心配だったので自動調整ではなく最弱でやりたかったんです。

光エステは1〜5で調整出来る」というのが一番の決め手になりました。

あと、いいなと思ったのが「肌への刺激を低減」する仕組み。私、すぐかみそり負けしたりと肌が結構弱いんです。

光エステは、W(2本の)ランプを連続発光させることで、肌への刺激を低減しつつもハイパワーを実現!と書いていたのでこのあたりも気になりました。

子供にも使おうと思っているので肌への刺激低減のほうが安心感がありますね。

光エステはヒゲや頬にも照射可能

ブラウン社のシルクエキスパートは首より上の照射は推奨しておりません。

その理由は髭や頬の毛に使用すると髭の生え方にムラが出来たり毛の成長が止まってしまうからという理由。

光エステは公式で顔にも使えると記載されています。

私の使い方は的にはヒゲを少し薄くしたいのと頬の毛もあまり生えなくなるといいなと思っているので、光エステのほうか安心して使うことが出来ると判断しました。

照射範囲を変えるパーツが3つ付属

  • ボディ用
  • フェイス用
  • ビキニ用

と照射パーツが3つ付属しています。

フェイス用のアタッチメントではフィルターが2重になるのでより刺激が緩和される仕組みです。顔にも使えるし指の毛を処理する時にもこの小さいアタッチメントが使えるのではと思っています。

腕や足など広範囲の手入れをするときは、ボディ用を使うなど、場所場所に合わせてパーツを変えていけるのは使い勝手が良さそうです。

パナソニックという安心感

ブラウンも十分安心出来ますが、パナソニックは日本メーカーで美顔器などの美容家電をたくさん作っているので、美容に対するノウハウもあるでしょうし、より日本人に合わせて作っているのかなと期待してしまいます。

家庭用脱毛器は肌に負荷をかけるので、出来るだけ安心感も買いたいと思っていたのでパナソニックの光エステにしました。

パナソニック製の光エステとブラウン製のシルクエキスパートで迷う方が非常に多いでしょう。

違いについてはこの後説明する比較の部分に細かく書いていきます。

我が家での光エステの使用用途

男性の私がメインですが、妻と小学生の娘も使う予定です。

私の主な用途は手と髭がメインで足やお腹周りもやろうかなという感じ。

商品紹介記事とか書くときに、手や腕に無駄毛が無くキレイなほうがいいですよね。YouTubeで商品紹介もするかもしれないので光脱毛機を買ってみました!

無駄毛は無いほうが清潔感も出ていいですよね

光エステとシルクエキスパートの比較

パナソニックの光エステで迷っている人の大半は、ブラウンのシルクエキスパートと迷っていると思います。私もこの2つでずいぶん迷いました。

まずはふたつを比較していきます。

光エステシルクエキスパート
ブランドパナソニックブラウン
比較商品ES-WP82シルクエキスパートPro5
照射回数30万回40万回
光の強さ5段階(手動調節)10段階(自動調節)
ヘッド3つ2つ

実勢価格では光エステが58000円程度。シルクエキスパートが48000円程度。

この価格帯で迷っている場合は、価格よりも機能が自分に合っているかどうかで選ぶと良いかと思います。

照射回数については、光エステの照射回数は約30万回もあります。

全身に照射するには約300回と書いてますので、全身照射換算すると3000回分ですね。

仮に毎日全身ケアしたとしても、8年分以上もあるので十分すぎるほどの照射回数でしょう。

ちなみに、照射は1~2週間に1度が目安となっていますので、照射回数が足りなくなるという事はまずありえないでしょう。

これから光エステの経過を記事にしていきます

ブラウンのシルクエキスパートPro5と迷った末、パナソニックの光エステに決めた理由と2つの比較を書きました。

2020年6月末にパナソニックの光エステを購入したので、脱毛(というか除毛)の記事も書いていきます。

ある程度の除毛効果は現行品を含めて歴代光エステのレビューを見ている限りありそうですし、夫婦と子供の3人で使うと考えるとそこまで高くないかなと思います!

▼私が購入した光エステ

▼光エステと迷ったブラウンのシルクエキスパートPro5

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる