リュック

【2020年最新】シャトルデイパックとシャトルデイパック・スリムって何が違うの?【違いは3点!】

シャトルデイパック(Shuttle Daypack NM81863)とシャトルデイパックスリム(Shuttle Daypack Slim NM81603)って一体何が違うの?スリムって名前がついてるからサイズが少しスリムになっただけ…?

っていうだけじゃないんです。シャトルデイパックとシャトルデイパックスリムを徹底比較したので違いを説明していきます!

ここが大きく違う点だ!

大きく違う点は3点ありますが、一番の違いは大きい収納スペースが2つあるか1つかです。スペック比較もしながら、大きく違う3点について詳しく説明していきます!

まずは比較表でスペック比較

 

シリーズ名 シャトルデイパック シャトルデイパックスリム
英語表記 Shuttle Daypack Shuttle Daypack Slim
商品型番 NM81863 NM81603
サイズ(H×W×D) 46×29×14cm 45×27×12cm
重さ(g) 1090g 850g
容量(L) 25L 18L
PC収納 あり あり
タブレット収納 あり あり
生地 1050Dコーデュラバリスティック® ナイロン 1050Dコーデュラバリスティック® ナイロン
カラー数 3色 3色
カラー詳細 (K)ブラック、(UR)アーバンネイビー、(MI)ミリタリーオリーブ (K)ブラック、(UR)アーバンネイビー、(MI)ミリタリーオリーブ

 

【違い1】収納スペースが2つ or 1つ

ここが一番違っている部分で大きめの収納スペースが1つか2つかという点です。シャトルデイパックが2つ、シャトルデイパックスリムが1つです。

用途によってどちらにするか分かれる点にもなります。収納スペースが2つあると、パソコンなどの機器類を入れるスペースと着替えなどを入れるスペースを完全に別に出来ます。

ノートPC・手帳・書類・その他小物など収納出来れば問題ないという方は収納スペースが1つのシャトルデイパックスリムで問題ありません。

ノートPC・手帳・書類・その他小物の他に、別のスペースに着替えを入れておきたい場合やお弁当箱等をパソコン収納スペースと別に入れたい場合は収納スペースが2つあるシャトルデイパックを選びましょう。

【違い2】サイズが1〜2センチ違う

サイズが若干違います。サイズの違いについては下記表をご参照ください。

シリーズ名 シャトルデイパック シャトルデイパックスリム
サイズ(H×W×D) 46×29×14cm 45×27×12cm
重さ(g) 1090g 850g

高さが1cm、横幅が2cm、奥行きが2cm、重さが240g違います。

なんだ、1~2センチならそんなに変わらないのでは?と思いますが実際に見てみるとこの差が結構あります特に女性だとシャトルデイパックは結構大きいと感じるかと思います。

シャトルデイパックスリムのほうが一回り小さく設計されているので背負った感じも合いやすいと思います。ノースフェイスのリュックでレディースをお探しの方はシャトルデイパックスリムを検討されると良いと思います。

【違い3】持ち手が違う

リュック上部に持ち手が付いているのですが、その持ち手がシャトルデイパックだと2つ、シャトルデイパックスリムだと1つになっています。

荷物が多かったり手持ちになるケースが多く想定される場合は、持ち手が2つあるシャトルデイパックのほうが持ちやすくなっています。

違いがない部分

どちらもリュック外側にポケットが2つあります。どちらのポケットも内部が更に小分け収納できるようにメッシュポケットが付いていたりと実用性に富んだ作りになっています。

ノートパソコン・タブレット収納が別々にありますので、MacBookとiPadを同時に持ち歩く方も安心です。パソコン収納部についてはどちらも15インチ迄の対応となっています。

シャトルデイパックがおすすめな人

「荷物多めな人」「お弁当箱を入れたい人」「着替えなども分けて入れる事が出来るので出張や旅行にも使いたい人」

こんな人は「シャトルデイパック」を選んだほうがハッピーになれるでしょう。

シャトルデイパックスリムがおすすめな人

「電車通勤用」「普段使い」「荷物少なめ」「薄マチスリムを探してる」「レディースでも大丈夫なノースフェイスのリュックを探している」

荷物少なめと言っても結構な収納量はあります。通勤メインで薄型リュックを探している方にもぴったりです。

シャトルデイパック共通のメリットデメリット

ここまでの説明でシャトルデイパックとシャトルデイパックスリムの違いと、用途別でどちらのリュックがおすすめになるかは分かって頂けたかと思います。

という事でこちらではシャトルデイパック・シャトルデイパックスリム共通でのメリットデメリットについてお話していきます。

「メリット」というか良いところ

シンプルでビジネスシーンでも使える

シンプルデザインなのでビジネスシーンでも問題無く使えます。スクエア型で飽きのこないデザインなので長く使えるでしょう。

機能性が高い

シャトルデイパックシリーズは使いやすいように考え抜かれているので機能性も高いです。特に収納スペース内部の小物ポケットが丁度良く小分けになってたりと秀逸です。

パソコン収納部がやさしい生地

パソコン収納部はやさしい生地になっているので、インナーケースにいれずにハダカのまま入れても大丈夫です。収納する時もすぐ入れて、使う時も即出せるのはいいですね。

多少のクッション性もあるのでパソコンにキズがつきにくいです。

「デメリット」というか惜しい点

外側下段収納スペースのファスナーが若干開けづらい

外側に収納スペースが上段と下段で2つあります。下段のほうはファスナーが隠れるようなデザインになっているので、若干開けにくいです。

頻繁に出すものは上段や別のスペースに入れたほうがストレス無いかもしれません。

防水ではない

防水モデルでは無いので、雨には注意です。ファスナーも防水(止水)ファスナーではないので、特にファスナーからの浸水に気をつけてください。

ノースフェイス から防水カバーも出ているので合わせて検討するのも良いと思います。

サイドポケットにペットボトル入らない

サイドポケットも一応ありますが大きくないのでペットボトルなどは入りません。リュック内部に入れましょう。

チェストベルトがない

好みにもよりますが、チェストベルトはありません。

持ってる人が多い

人気モデルなので当然持っている人も多いです。あまり人と被りたくないという方は同じシャトルシリーズで生地が違うX-PACもおすすめです。

「デメリット」として書きましたが正直ほとんどデメリットには感じ無いかもしれません。機能性・ファッション性どちらについてもかなり高レベルで完成されているビジネスリュックです。

まとめ

自分で調べていてもイマイチ違いが分からなかったので徹底的に調べてみました。これですっきりしました!私は通勤用をメインに考えているのでシャトルデイパックスリムにします。

▼シャトルデイパックはこちら

▼シャトルデイパックスリムはこちら

-リュック
-, , , ,

Copyright© Digital Zakker , 2020 All Rights Reserved.