EcoFlow RIVER Proのキャンプレビュー!充電はもちろん、電気毛布やサーキュレーターも使えて捗ります

RIVER Proをキャンプで使ってみました!実際の利用シーンを紹介しながらポータブル電源のRIVER Proがいかにキャンプで役立つかというのをお伝えしていきたいと思います!

もうこれ無しでのキャンプは考えられません。

ポータブル電源がキャンプで役立つのはこちらの8つ

  1. パソコンの充電
  2. スマホの充電
  3. マットの空気入れと空気抜き
  4. スイッチの充電
  5. IHクッキングヒーター
  6. 夏キャンプには扇風機
  7. 冬キャンプには電気毛布
  8. ランタン・ライト

それでは、実際に使った様子をお伝えしていきます~!

RIVER Proの特長
  • 最大で 1200W 出力のデバイスに電力を供給可能
  • 80%まで 1 時間以内で充電でき、100%までわずか 1.6 時間で充電可能
  • キャンプ1泊用途には必要十分な720Whの大容量
  • USB Type-Cポートは100W出力に対応
  • 本体にライト機能もあるのでテント内の使う時も便利
目次

パソコンの充電

私の愛用しているパソコンはSurface Laptop3。画面の比率が3:2になっていて、最近の横長ワイドではなく縦の表示領域も広めなのが気に入ってます。

Suraface Laptop3はUSB Type-Cでの充電に対応しているので、専用充電を持たなくてもUSB Type-Cの充電ケーブル1本あればOKという手軽さ!これがすばらしいですね。

RIVER ProのUSB Type-CポートはUSB PD 100Wに対応しているので、充電スピードが落ちる事もなく専用充電器と同等の条件で充電できるんですね。

テレワークやワーケーションで8時間がっつり仕事しても問題ないバッテリー容量と、手軽に充電できるのが素敵。

ACコンセントも付いているので、USB Type-C充電に対応していない一般的なノートパソコンももちろんオッケーです。

スマホの充電

長時間のアウトドアに欠かせないのがスマホの充電。

写真やビデオを撮影したり、天気予報を見たり、近隣のレジャー施設を調査したりとスマホの出番は普段よりもかなり多めになりますよね。

1人ならモバイルバッテリーでもいいですが、家族分ともなるとモバイルバッテリーを使っている場合ではありません。

ポータブル電源のRIVER ProはUSBポートが4ポート(A×3、Type-C×1)ついているので、ケーブル4本持ち込みすれば4人同時に充電でき、充電器争奪戦になることも無いでしょう。

もちろん、パソコンの充電をしながらスマホの充電もできますよ

マットの空気入れと空気抜き

これは個人的にミラクルヒットな使い方!

電動空気入れがあれば、エアーベッドやインフレーターマットの空気入れ&空気抜きが非常に楽ちんです。

私が持っているのはシガーソケットから給電するか単三電池8本入れて動かすかのどちらかで動くタイプの電動空気入れを使用しています。

車が近くにないとシガーソケット給電は使えないのですが、なんとRIVER Proはシガーソケットも付いているので私が持っている電動空気入れが思う存分に使えちゃうんですね

空気入れ

インフレーターマットはエアーキャップを開けておくと自動的に空気が入り8割くらいまでは膨らんでくれます。残り2割ほどをしっかり膨らます時に電動空気入れを使うと一瞬で完了!

楽すぎでしょ…

寝心地も非常によく、娘氏もまるでうちにいるようにくつろいでいます。

スイッチをやりながらスマホでYoutubeをみるのが娘氏の日常スタイル…。ゲームに集中できてるのかなぁ

空気抜き

インフレーターマットの弱点は、若干かさばるのと空気を抜くのが大変な事。

体重をかけながら丸めていき徐々に空気を抜いていくんですが、少し丸めては膝で踏み、また少し丸めては膝で踏み…とこれがまた結構大変なんですよね。

電動空気入れを排気モードにしてスイッチオン

みるみるうちにインフレーターマットが小さくなっていき、5分もたたないくらいでほぼペラペラに。

その状態でくるくる巻いて、最後に少し残った空気も電動空気入れで排気してしまうとノンストレスで収納完了できました!

キャンプの後の型付けって結構しんどかったり、時間がなかったりするので余計な体力も使わずにスマートに畳めるのは本当に素晴らしいです!

電池式だとそんなに長時間使えないと思いますが、RIVER Proに接続して使っているので使用時間なども気にせず使えます。家族分として3~4枚のインフレーターマットの空気入れ/空気抜きも電池の心配をしなくていいので安心ですね。

予備電池を持ち歩く重量も減りますしね!

スイッチの充電

大人はアウトドア気分を満喫して料理やお酒を楽しんでいればいいと思うんですが子供はそうはいきません。

外だってゲームやりたい!

と、なりますよね。自分も子供の頃はそうだったので気持はよく分かります。

ひたすらマインクラフトをやりたい娘氏に満足にゲームをさせてあげるべく、充電は必須です。何もしないと2~3時間くらいでスイッチのバッテリーは無くなってしまいますからね。

という事でスイッチの充電にも大いに役立ってくれるRIVER Proくん。

IHクッキングヒーター

ちょっとお湯を温めたい時や料理が冷めないように保温状態を保ちたい時に活躍するのがクッキングヒーター。

これがまた消費電力が高いんですね。

私が購入したのはアイリスオーヤマ製のIHK-T38で最大1000W・火力を5段階調整できるモデルです。

結果、火力3(500W相当)で正常動作し、火力4と5にすると電力オーバーになってしまいましたので火力3で使いました。

火力3でもお湯はしっかり沸騰しますし、保温状態を保つのにももちろん使えます。

ちなみに400mlのお湯をフライパンで沸かしてみましたが約10分くらいで沸騰しました。

使用中は500Wに近い出力で推移していたので、このまま使い続けた場合は1.4時間ほど持つ計算となります。

火を起こすのが面倒なキャンプ2日目の朝とかに、朝食調理用に使ったりとかコーヒーを飲むためのお湯を沸かしたりするのに便利だと思います。

夏キャンプには扇風機

夏のキャンプ、熱いんですよね。

そんな時に活躍するのが扇風機。小さいモバイルバッテリーとかではUSB扇風機が限界ですが、ポータブル電源を使えば、家で使っている扇風機やサーキュレーターが使用可能に!

私が寝室やキャンプで愛用しているのがアイリスオーヤマのサーキュレーター。前後左右に首振りしてくれるので風がいい感じに行きわたり、小さく軽いのに24畳対応というパワフルなサーキューレーターです。

日中はテーブル付近で使い、寝る時はテント内の寝室スペースへ持って行って使えるので大役立ち。

消費電力も25Wと全然電力を使わないので、RIVER Proの容量があればまったく気にする事なく1日中フルで使えちゃいます。

冬キャンプには電気毛布

冬のキャンプは当たり前ですが寒いんですよね。

通常のキャンプの場合、起きてるうちは焚き火で温まればいいんですが、寝る時は対策が必要です。

めっちゃ着込んで寝るか湯たんぽを使う、シュラフ(寝袋)の中にカイロを忍ばすなどの対策で寒さ対策をする必要があるんですね。

が、しかし、電気を使えるとなると話は別です!!

電気毛布は50W程度しか使わないものも多くあり、RIVER Proなら寝ている時間をフルでカバーできるんですね。

私が使っている電気毛布はフランネル調で手触りもよく気に入ってます♪

あたたかさの幅が「弱・中・強」と3段階あるのですが、消費電力は「強」モードでも50~60W程度でした。

10時間以上は余裕で使えるので1泊のキャンプなら夜間付けっぱなしでも朝まで暖かさをキープできます。

電源サイトではないフリーサイトでも電気毛布が使える!というのを今年の冬キャンでは体験してきたいと思います。

冬キャンにはポータブル電源は必須といっても過言ではないでしょう。

▼私が使ってる電気毛布はこちら

ランタン・ライト

キャンプで使うランタン・ライトはたくさんあると便利です。テント外・リビングスペース・テント内の寝室スペースなど場所ごとに ランタンが必要になります。

テント外や寝室スペースなどは電池や充電式のランタンを使う場合も多いと思いますが、広いファミリーテントだとリビングスペースのライトは広範囲に照らせるものなどが欲しくなりますよね。

そんな時に電源があれば使えるライトもたくさんあるので、RIVER Proがある事によりライトを選ぶ幅も増えてキャンプの夜時間がますます楽しみになりますね。

当然ですが、充電池の充電もできます。2泊以上のキャンプをするときに電池式ランタンの充電池を日中充電しておけば2日目も安心です。

キャンプにRIVER Proを持ってくメリット

メリット

  • スマホやパソコンの充電で困る心配が一切なくなる
  • 車でもバッテリーの充電可能
  • 夏冬の季節家電が使える

不自由を楽しむのもキャンプの醍醐味と言いますが、私は文明の利器を多いに利用し出来るだけ快適に過ごしたい派です笑

子供たちにも出来るだけ自然を楽しんで欲しいとは思いますが、終日自然だけだと子供は飽きてしまうのでゲームも電池切れの心配をせずに存分に楽しんで貰えるといいなと思ってます。

RIVER Proはシガーソケットで充電できるので、2泊のキャンプの場合は1日目使った分を二日目の車移動中に充電できちゃうというメリットもありますね。

ポータブル電源があれば、充電に困らず季節家電も使えてキャンプがより快適になりますよ。

RIVER Proは最大出力が1200Wと使える電化製品の幅が広がり、容量も720Whと大容量なので1~2日のキャンプは余裕のスペック。

しかもこの容量にしてはコンパクトサイズなので車の中でも場所をとらずに運べるのもお気に入りの点です。

ポータブル電源のRIVER Pro、キャンプギアの一軍になりました!

キャンプ用途にRIVER Proを検討しているみなさま、間違いないので安心してポチってください。

提供:EcoFlow Technology Japan株式会社 

公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる